ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【釣行記】北九州 藍島 瀬渡し ルアー五目 2020/10/17

細々と続けているこのブログ、最近なんだかアクセスが増えてきた。

 

こんな糞シロウトのカスブログでも読んでくれる方がいるのは有り難いことです。

 

 

さて、今日は友人に誘われて、藍島の磯に瀬渡し。

 

潮はこんなもん。

f:id:fishing-camping:20201017232004j:image

 

夜明け前、白島フェリー乗り場に到着。

 

夜から降っていた雨は上がったようだが、寒い…

 

もう秋も深まってきたなぁ。 

 

 

お世話になったのはニュー大漁丸さん。

 

6時に白島フェリー乗り場横から出航し、藍島の北の磯へ。

 

 

今日は波は殆どなく、穏やかなのでよかったが、かなり足場の低い磯で、波が高いと厳しそうだ。

f:id:fishing-camping:20201017232029j:image

 

さて、早速釣り開始。

 

ハードタックルも持ってきたが、近場の磯ということもあり、そうそう大物も出んだろう思い、まずはシーバスタックルPE1号でライトショアジギにて様子見。

 

フルキャストで水深15~20mくらいだろうか。

 

朝は安定のメタルマルでボトムから中層をサーチ。

 

数投目にして、ボトム付近で、

 

グングングンっ

 

 

なかなかの馬力。

 

根魚特有の前半強烈な引き、後半スタミナ切れで上がってきたのは

f:id:fishing-camping:20201017232044j:image

 

30センチのアコウ。

 

幸先の良いスタート。

 

 

続いて20くらいのアラカブ

f:id:fishing-camping:20201017232058j:image

 

その後メタルジグにルアーチェンジしたが30分ほどアタリがないのでメタルマルに戻り、

 

ボトムから10シャクリくらいで

 

ググググン!

 

根魚とはまた違った引き味。

 

f:id:fishing-camping:20201017232111j:image

25センチくらいのマダイ。

 

中層まで追っかけてくるのでなかなかの活性だ。

 

 

この後ベラを追加し、

f:id:fishing-camping:20201017232121j:image

 

アタリが遠のいたため、アジングタックルに5gのメタルジグでボトムを叩いてで遊ぶ。

 

このサイズのメタルジグは小アラカブが連発するので面白い。

f:id:fishing-camping:20201017232131j:image

 

 

しばらく遊んで、飽きて眠くなってきたので、ごろ寝。

 

 日が照ってきて暑くて目が覚める。

 

最近仕事で寝不足続きだったので1時間以上爆睡してしまったようだ。

 

 

 

 

潮は下げに入って、波は完全に凪いでいる。

 

小さなベイトが表層でパシャパシャいっているので、ミニポッパーを投げて水面をスプラッシュさせていると・・・

 

む、

 

割と近くの表層で青物らしき捕食シーン。

 

これは期待感高まる!

 

スプラッシュで誘う!

 

・・・

 

なんか追っかけてきた!

 

 

バシュッ!

 

・・・

 

ぐーーーーん

 

 

すかさずフッキング!

 

 

トップウォーターのバイトシーンで アドレナリン ドバァ!

 

 

これこれぇ!これが欲しかってん!

 

 

強烈な引き、ミディアムライトのシーバスタックルにPE1号なので厳しい戦い。

 

近くまで引き寄せたが、潜る潜る。

 

すぐ足元のせり出した岩でラインが擦れそうになり、

ベールを返してフリーにして回避したところでフックアウト・・・

 

 

あぁ。。。

 

針が小さかったからか、フッキングが甘かったのか。

 

 

気を取り直して再度ポッパーを投げるが、軽すぎてライントラブル発生。

 

PEが途中で団子になってしまったので止むを得ずカット。

 

FGから結束し直しだ。

 

 

まだところどころで捕食が見られるが、遠くてミニポッパーでは届かない。

 

少し大きめのima pokkeyで誘うも反応なし。

 

やはりマイクロベイトにしか反応しないパターンか。

 

 

シルエットの小さいナチュラルカラーのヘビーシンキングミノーで遠投。

 

表層をジャークジャーク。

 

・・・

 

 

ぐーーーーーん

 

 

キタキター!狙い通り!

 

さっきよりも強い引き。

 

 

ラインが切れないギリギリのドラグで強引に引き寄せる。

 

が、やはり竿もリールもパワーで負けている。

 

 

また足元の岩で擦れそうになり、一旦ラインをフリーに。

 

 

今回はフッキングがしっかり決まったようで、バレることなく沖に走ってくれたので

 

ベールを戻して再ファイト。

 

 

足元まで引き寄せ、魚影が見えた。

 

60〜70センチくらいのヤズかヒラゴだ!

 

友人がタモで掬おうとした時、

 

 

バチン!

 

 

え?

 

魚の最後の抵抗でラインブレイク・・・

 

呆然・・・

 

 

PEが岩で少し擦れていたようで、タモ入れで水面から顔を出させた瞬間、

魚の首振りで強く引っ張られ、そこから破断してしまった。

 

 

一番悔しいパターンである。

 

魚にも悪い。

 

 

泣きながらリーダーを結束し直し、再トライするも、魚は遠くに行ってしまった。

 

 

放心状態で飯を食って、その後メタルジグをシャクって反応なく、

 

ワームにチェンジ。

 f:id:fishing-camping:20201017232140j:image

20そこらのアラカブを釣ってその後根掛かりロスト。

 

風も強まってきたし、疲れたので迎えがくる前に早めに納竿。

 

 

 

めちゃくちゃ悔いが残る結果となってしまったが、

トップでバイト出たし、総合的には楽しかった。

 

やはりミディアムライトのシーバスタックルで俺の腕では無理があるなぁ。

 

軽いルアーが投げられて70前後の青物も獲れるタックルを買おう。

 

 

<今回の使用タックル>

ロッド:ダイワ SEABASS HUNTER 8.6ML

リール:シマノ ULTEGRA C3000HG  PE1.0  リーダー20lb

 

 

料理編

 ↓↓↓↓

fishing-camping.hatenablog.com

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

⬇️ 面白いブログ発掘できます

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村