ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【釣行記】藍島 小藻路 瀬渡し 2021/07/18

本日は釣り仲間とともに藍島の沖磯へ瀬渡し。

 

渡ったのは昨年秋と同じ小藻路岩という小さな瀬。

 

朝5時に白島フェリー乗り場横から出港。

 

我々ルアーマンの他にフカセ師3人が同乗し、小藻路の割れ目を隔てて、分かれて上陸。

 

朝イチ、満潮からの下げ始め。

雨がパラつき、風は7〜8mと強く、雨具を忘れたので寒い!

 

とりあえず風を背にしてスピンテールから。

 

一投目からゴゴっと当たったが、フッキングならず。

 

数投して

 

f:id:fishing-camping:20210718165854j:image

アラカブ

 

途中、青物の回遊を期待してトップやジグを投げつつ、またスピンテールに浮気して

f:id:fishing-camping:20210718170033j:image

エソ。

 

あとベラとか。

 

 

ポッパーやジグ、セットアッパー等にはまるで反応無し。

 

風のせいで波立っているためはっきりとは分からないが、ベイトも回ってなさそうな雰囲気。

 

隣のフカセ師は20センチくらいのクロを順調に釣り上げている様子である。

 

 

しばらくして、鳥が数羽飛来し、少し先の潮目で何かをついばんでいる。

 

小魚か?

 

しかし、小さくてよく見えない。

 

よくわからんが、マイクロベイトが浮いているっぽい。

 

下に魚が付いているのを期待し、シルエットが小さいクリアカラーのポップクイーンF80やパンチライン80を放り込む。

 

魚の反応は無いが、鳥が反応してしまい、チェイスしてきてルアーを引ったくられそうになる。

f:id:fishing-camping:20210718172552j:image

一度だけ持ち上げられてヒヤヒヤ。

 

引っ掛けたらタマランわい。

 

しかし、何だか分からない小さなものをずっとついばんでいる。

 

小魚をあれだけついばんだら直ぐに腹が膨れそうなものだが、何食ってんだ。

 

 

ん? あ?

 

ピコーん!

 

 

何のことは無い。

 

隣の岩のフカセ師が撒いたコマセが潮目に集まり、それをついばんでいるのである。

 

それを見て

 

『しめた、こりゃマイクロベイトパターンやで!』

 

と、したり顔で一心不乱にルアーを放り込む男たち。

 

間抜けの極みである。

 

イヤ〜騙された騙された。

 

もうここはワームや、とボトムを執拗に舐め回すも、アタリのアの字もないので、ふて寝。

 

30分くらいして起きると、仲間は隠しアイテムのサバでアラカブを釣っている。

 

が、味噌汁にしかならないような小物である。

 

まぁでも潮が動いて食い気が出てきたかなーと、またボトムを舐め回すが、反応無し。

 

ここで14時のお迎え。

 

終始風が強い中、ボトム攻めすぎでルアーを3つもロストしてしまった…

 

反省。

 

小潮の釣りはやはり渋いなぁ。

 

フカセ師達は25前後のクロでクーラーを満たしており、最大30センチくらいだったようである。

f:id:fishing-camping:20210718174609p:image