ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【庭】無花果(いちじく)栽培記①

家のすぐ近所で野生の猿が出てるらしい。

イノシシや狸はよく見るが、まさか猿まで出るとは。

まぁちょっとした騒ぎになっているくらいなので、今では相当珍しいのだろうけど。

 

 

しかし、この自然豊かな宗像でも、10年前と比較すると野生の哺乳類をはじめ、生物多様性はかなり失われているのだとか。

 

つい最近家の裏山も大規模ソーラー発電所のためにかなりの広範囲の森が伐採された。

 

伐採されずとも、放置された里山は竹林が猛威を振るい、植物の多様性も脅かされている。

 

保水力を失った山は水害の脅威を増長し、農薬や化学肥料、工場や生活排水で河川は汚染され、水系、果ては海の生態系にも影響を及ぼす。

 

自然エネルギーを普及させるのは良いが、そのために自然を破壊するのはナンセンスだし、食料を得るための田畑が、別の食料資源を脅かすという矛盾が生じている。

 

意識せず送っている我々の生活が、山の生態系を破壊し、巡り巡って海の資源を減少させ、釣れる魚が減ってしまう。

 

なんてことだ。

 

我々釣り人はより一層、自分たちの生活を振り返らなければなりませんナ。

 

 

さて、なんだっけ。

 

そうそう、無花果の話だった。

 

 

昨年の春に植えた無花果、ロンドーボーデックスの成長が凄まじい。

 

これが昨年2020年5月上旬の植え付け時。

f:id:fishing-camping:20210723110635j:image

 

これが1ヶ月半でこうなって、
f:id:fishing-camping:20210723110631j:image

 

冬にちょっと剪定して、今年2021年の4月上旬。

f:id:fishing-camping:20210723111105j:image

 

そして7月下旬。

f:id:fishing-camping:20210723112526j:image

凄まじい勢いで枝が伸び始めた。

 

ちなみに周囲の雑草を刈って木の周りに積んどくだけで、他には無施肥。

 

当然無農薬。

 

去年は全く実を付けなかったが、今年は数十個成っている。

 

f:id:fishing-camping:20210723111831j:image

とりあえず、摘果はせずに様子を見てみよう。

収穫は秋かな。

 

猿に食われませんように。

 

 

連休の釣りはおあずけ。