ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【釣行記】宗像大島 サラシ打ち 2021/05/29

年始から仕事に追われて釣りに行く気力が湧かず、やっと落ち着いたので久々の釣行。

 

本当はGWに一度船でジギングに行ったが、なんとなく書く気力湧かず、御蔵入り。

 

さて、今回は宗像大島の裏磯でヒラスズキ、青物狙いで一泊釣行。

 

1日目は朝イチの便で島に乗りんだ。

 

予報では西風が強いとのことだったので、風裏となる東側の磯に行ってみるが、ほぼ波なし。

こちらは水深もないし、こりゃ期待できんと、すぐさま移動。

 

お次は北側の磯を偵察するも、こちらは風は強いばかりでサラシがあまりなく、また移動。

 

西の灯台に立つと、いい感じにサラシが出ていたので、ここから磯に降りることに。

 

波が高いので、途中の難所で苦戦したが、磯に着くとこれは良いサラシ

 

早速ミノーでサラシ打ち。

 

引き波にミノーを流しながら丁寧に探っていくと、

 

ググン!

 

すぐ足元で回収寸前だったため、乗せられず。

 

魚体が翻っていくのが確認できた。

 

大きくはなさそうだったが、ヒラスズキだ。

 

多分。

 

 

そうこうしてるうちに、後ろから連れ(後輩)の雄叫び。

 

なんと65センチのヒラスズキを釣り上げていた。

 

先を越されてしまった。

 

しかし、どうも彼の場所のほうがオイシそうである。

 

釣り上げた獲物を処理している間にそのポイントを拝借し、数投。

 

浮島際の流れが巻き込む場所を通したとき、

 

グイーン

 

と持っていかれるようなアタリ。

 

落ち着いて合わせを入れ、寄せてくると、

 

む、これはヒラスズキではないぞ、

 

チヌだ!

 

デカい!

 

寄せたはよいがタモがない!

 

大声で後輩を呼ぶも届かない。

 

ミノーをしっかり咥え込んでいたので、糸を手繰ってランディング。

 

f:id:fishing-camping:20210601195606j:image

 

ウーン、50センチはあろうチヌが、ミノーをがっぽし。

 

トレビヤン。

 

 

先程のヒラスズキもこのチヌも、胃の中に12〜13センチのカタクチイワシが入っていた。

f:id:fishing-camping:20210601195907j:image

 

時刻は12時過ぎ。

 

満足したし腹も減ったので一旦切り上げ。

 

昼メシ食った後場所を変え、サラシを打っていくが、午前中とは打って変わって全くアタリなし。

 

疲れたので夕マヅメ前に宿に切り上げ。

 

夕飯をたべ、ちょこっと波止でアジング&エギング 。

 

これは全く結果出ず。

 

早々に切り上げて、本日の獲物の処理。

 

なかなか壮観である。

f:id:fishing-camping:20210601195556j:image

f:id:fishing-camping:20210601201027j:image

 

 

次の日の朝マヅメ、前日と同じ磯に行くも、サラシは全く無くなっていたため、青物狙いに切り替え。

 

ポッパーやジグ、ミノー等で全レンジを探っていくが、投げども投げども反応なし。

 

連れはメタルマルでメバルアラカブを揚げていたが、本命は釣れず。

 

10時頃に納竿

 

欲を言えばヒラスズキが欲しかったが、また次回の楽しみとしよう。

 

今回潮はこんな具合。

初日の時合は丁度満潮をまたぐ時間であった。

f:id:fishing-camping:20210601202702p:image
f:id:fishing-camping:20210601202656p:image

 

チヌは刺身とポワレで頂きました。