ホリデイ珍遊記

釣りとかキャンプとか料理とか

【釣行記】壱岐方面 沖磯瀬渡し 2020/09/19

久々の壱岐沖磯釣行!

 

今回もマリンクロス玄海さんにお世話になった。

 

青物狙いで鼻息荒くして挑んだが、結果は惨敗。

 

 

課題が見えたので、備忘のため記録を残しておこう。

 

 

朝4時出航で、朝マズメからのトライ。

 

潮は大潮からの中潮

f:id:fishing-camping:20200919195826j:image

 

朝イチはトップウォーターで攻めるも、反応無し。

 

明るくなってきて海の中が見えるようになってくると、すぐ足下にマイクロベイトの大群!

 

と、50前後くらいのヒラスが数匹、マイクロベイトをチェイス

 

慌ててシルエットの小さめのルアーに変えて投げるも、チェイスが一度あっただけで見切られ、食わせられず。

 

しばらくして、ヒラスの群れが岸際にベイトを追い込む激しいナブラが発生!

 

一同大興奮!

 

が、メタルマルを投げるも、これまた一度チェイスがあったのみで、食わず!

 

すぐにナブラは消えてしまった…

 

 

打ち上げられたベイトを見ると、3センチくらいのキビナゴ?

 

んー、ここまで小さなルアーは持ってきていない。

 

その後、あちらこちらでちらほら水面が割れるシーンがあるものの、小さめのミノーやペンシル、メタルジグにも反応は無い。

 

いるのは分かっているのに釣れない。

 

マイクロベイトパターンの対策を準備してこなかったことが悔やまれる。

 

悔やまれ過ぎる!

 

 

 

おまけのワームでのお遊びはチビばっかり。

f:id:fishing-camping:20200919201213j:image

f:id:fishing-camping:20200919201149j:image

f:id:fishing-camping:20200919201159j:image

 

同行者も最大で35くらいのイサキ、アコウを上げたくらいで、目立った釣果は無しであった。

 

 

しかし、今日は満潮からの下げ潮の流れが激速だった。

 

場所によっては100gの撃投ジグでも底取れない状況。

ラインが潮を受けて流されまくり。

 

激潮の中でのシャクリで身体がバキバキだ。

 

こういう時はタングステンジグが有効なんだろうな。

 

 

今回、大変勉強になりやした。

 

 

次回こそ!

 

 

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

⬇️ 面白いブログ発掘できます

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村