ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【釣行記】六連島 2018/11/07

毎度おなじみ六連島。

天気は晴れ。中潮

 

朝6:25竹崎発のフェリーに乗船。

釣り客は自分と連れの他に5人。

 

島に着くと、防波堤先端に別のフカセ師が2人。夜通しやっていたのだろうか。

 

しかし、日曜日なのに、あの広い堤防に10人いないから、相変わらずゆったり釣りができる。

f:id:fishing-camping:20181114162024j:image

 

今回、我々は朝一ジグを投げて、釣れなければサビキでアジ釣って泳がせのプラン。

 

アタリはあるが、エソ。

隣の人も朝一はジグを投げていたが、反応はエソばかり。

六連島は防波堤沖が砂地になっていて、エソが濃い。

水深あるし、マダイなんかも釣れるけど、圧倒的にエソパラダイス。

 

1〜2時間でジグは諦めて、サビキに変更。

 

f:id:fishing-camping:20181114160055j:image

しかし、木っ端グレとスズメダイばかり。

アジはお留守の模様。

嫁に晩飯は南蛮漬けと約束したが、こりゃダメですたい。

 

一緒に行った連れは投げサビキで良型のカワハギをゲットしていた。

10m先くらいで、棚は5mくらいか。

この日はたまたまその1匹だけ釣れたが、虫餌でチョイ投げとかなら数釣れるかも。

堤防の敷石と砂地の境に付いてるのかな。

 

サビキにも飽きたので、エギングをやってみるも、これまた空振り。

別の人が小さなアオリを揚げてたようだが。

去年は同じ時期にコウイカが数匹釣れたんだけどな。

時間が悪かったのか、腕が悪かったのか。

 

ま、腕だろう。

 

 

あ、

f:id:fishing-camping:20181114161350j:image

潜水艦めっけ。

 

エギを諦めて防波堤の先端に歩いていくと、

タンク沖に巨大なナブラ発生!

 

f:id:fishing-camping:20181114161631j:image

 

丁度届かない位置!

しかも30分くらい沸いたり消えたりの繰り返しで、指を咥えているだけの生殺し状態。

10ftくらいのロッドでPE0.8号とかなら届いたかもな。

魚は何だったんだろうか。

 

そんな感じで帰りの船の時間が来たので納竿。

 

フカセ師の人達は、いいサイズのチヌを揚げていたが、我々は不発。

 

まぁゆっくりできたし、また来よう。