ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【釣行記】北九州 岩屋 地磯 2018/10/08

今日は自宅から30分程で行ける岩屋の地磯に行ってきた。

潮は大潮、天気は曇り。

 

先日の台風の影響で、3連休に予定していたキャンプと船釣りが両方中止になり、悶々としていたが、今日は風も穏やかだったので、急遽後輩Tと小物釣り名人Kを誘って、午前中だけの釣行。

 

岩屋ではいつも浜からSUPを出してイカや根魚を狙うことが多いが、今日は波もあるのでSUPは諦め、地磯からやってみた。

 

朝マヅメはアジングでアジ狙い、アジがいなければエギングでアオリ狙い。

ここの地磯は以前下見で来たことはあったが、実際やるのは初めて。

ロックフィッシュゲームでは良型のアコウやアラカブ、フカセ釣りではチヌなんかも実績があるとか。

 

さて、空が白んでくるくらいの時間に現地に到着。

かんぽの宿の入り口のところに有料駐車場(有料と言いつつ、いつも管理人がいないので実質無料である。)があり、そこに止めて磯まで5分ほどで降りられる。

 

このポイントはあまり知られていないせいか、釣り人は少なく、いい感じ。

 

早速釣りやすそうなポイントでアジング開始。

表層から順に探っていき、すぐに手前のボトム付近で小さなアラカブをゲット。

 

しかし、その後タナやアクションを変えてみるも、アジの反応は全く無し。

 

飽きてエギングに切り替えるも、全然反応無し。

 

いい感じに海藻も入ってて、釣れそうな雰囲気はあるものの、さっぱり。

 

一緒に来ていたTとKも、ロックフィッシュなど狙うも、小さなアラカブのみで全然振るわない様子。

 

ただ、磯の先端の方でペンシル?をキャストしていたガチのお兄さんは30~40センチくらいのヒラスズキを連発していた。

 

やっぱ腕か。

 

それよりも、ここ、ヒラスズキ釣れるんや。

今度やってみよう。

 

 

で、全く釣れないまま潮も満ちて来て、釣りもままならなくなって来たので漁港の方に移動。

 

ファミリーがサビキでアジやコノシロを釣っていたので、迷惑にならない程度に距離をあけて、横でおこぼれ狙いのアジング。

が、反応無し。

 

大抵サビキに夢中になっているアジって、ワームに全然反応しないよね。

アジングは相当活性が高くないと昼は厳しい印象。

誰かデイアジング教えて欲しい。

 

んで、そうこうしているうちに、Kが 大 を催してきたので撤収。

 

帰りに産地直送市場『海と大地』でアジを購入。

ボウズだった亭主が見栄を張って魚屋でお土産を買うという漫画みたいなオチを実践してしまった。

 

海と大地のアジは相変わらず脂が乗っており、美味しゅうございました。

f:id:fishing-camping:20181008224317j:image