ホリデイ珍遊記 〜釣りとキャンプと庭いじり〜

釣りとかキャンプとか料理とか庭いじりとかのブログ

【釣行記】津屋崎 2馬力ボート 2018/08/19

今回は、最近知り合った釣り友のカズさんとともに、2馬力ボートに初挑戦。

お世話になったのは津屋崎の『レンタルボートやま屋』さん。

 

サビキでアジを釣って泳がせ、マゴチ、ヒラメを狙いつつ、タイラバで五目釣りのプラン。

一応、保険でエビも購入していった。

 

事前情報では、青物の回遊はあまり無く、キス、マゴチもイマイチ。アジは釣れており、泳がせでアコウの良型やヒラメが上がってるとのこと。

 

小潮だけど、まぁ、ボートだし、釣れるやろ。

と、期待を胸に朝5時前に家を出発し、6時過ぎに現地に到着。

 

エンジンの操作等のちょっとしたレクチャーと、ポイントの説明を受け、出航。

風も波も穏やかでいい感じ。

f:id:fishing-camping:20180819183256j:plain

 

海岸から1km弱くらい?の沖合のポイントに到着すると、周りには既に10艇ほどのボートが。

我々も急いで仕掛けを準備し、タイラバを投入。

 

スルスル〜 トン

 

・・・あら?

 

浅い・・・。

 

結構沖合に出ているのに、水深は 5mくらい。

あんまり軽いタイラバも持っていないので、仕方なく軽めのスピンテール付きメタルジグに変えてシャクリ続けるも、反応無し。

 

なんだか釣れる気がしないので、僕はサビキにチェンジ。

泳がせ用のアジを狙う。

 

しかし、アジがいない・・・

釣れるのはチャリコばかり。

カズさんはサビキやったりテンヤやったりしているが、

テンヤの方はベラばかり。

 

その後場所を変えながら探り続けるも、アジには出会えず、

チャリコのアタリも遠のく。

しかし、ここら周辺はどこに移動しても水深5mくらい。

 

浅すぎる。

 

本当に大物はいるのか?

 

 

しばらく何も釣れない時間が続き、今日はダメかと思っていた時、

カズさんのサビキに何かがHIT。

何かと思えば5センチくらいのカマス。

群に当たったらしく、これを期にマイクロカマスが連チャン。

泳がせのエサ用にキープキープ。

 

カマスを調達している最中に ぐーん と引っ張るようなアタリ。

向こう合わせで何かが乗って、ドラグがジージー鳴りだす。

慎重にやりとりして、上がって来たのは

f:id:fishing-camping:20180819203846j:plain

ヒラメ(32センチ)

 

多分、掛かったマイクロカマスにアタックして来たのがそのまま針掛かりしたのだろう。

もうけ!

 

マイクロカマスを12~3匹確保し、アタリが遠のいたところで泳がせを投入。

 

カズさんは時々泳がせの仕掛けを確認しつつ、合間にテンヤを頑張っていたが、相変わらずベラばかり。

泳がせに食って来たのも小さなアラカブのみ。

 

僕の方は一度、惜しくも頭だけ残った無残なカマスちゃんが上がって来たきり、これといったアタリ無し。

 

また場所を移動しつつ粘るも泳がせは反応無し。

僕も暇つぶしに餌釣りをやって、

f:id:fishing-camping:20180819205053j:plain

チビアラカブを二匹と、

f:id:fishing-camping:20180819205122j:plain

 カワハギ23センチ!

ヒラマサ針によく掛かったな。

これまたラッキー。

 

晩のおかずが確保できたところで、12時のタイムアップ。

 

初ボートで期待が大きかった分、不完全燃焼。

 

別のボートで、アジ泳がせで50センチクラスのヒラメが上がっていたが、

今日は全体的に渋い日だった模様。

 

ポイントとしてはどうかなぁ。

もうちょい水深があればいいんだけどな。

 

次はまた違うボート屋さんのフィールドでチャレンジしてみよう。